おやき 小川の庄公式ホームページ  「野沢菜、あずき、切り干し大根」など、人気のおやきを取り揃えています

    
おやきの里、ふるさとの原風景が広がる信州小川村から美味しいおやきをお届けします

電話でのお問い合わせ

0120-231039
カート

小川の庄スタッフブログ

タグ:国産花豆

希少な小川村産花豆はいかが?

 

こんにちは‼小川の庄・通販部の藤岡です。

今年のGWはどのように過ごされましたか

小川村は雨模様の天気が多く少し肌寒かったですが、

おやき村には毎日お客様にお越しいただき賑わいを少しは取り戻せて、社員一同感謝です

今の季節の小川村は徐々に田んぼに水が張られ、カエルの鳴き声が聞こえ始めたり、

ツバメたちが飛び回る姿も見られるような暖かな気候になりました。

 

さて、

今回ご紹介したい商品は希少な小川村産花豆です

 

花豆は標高800m以上が栽培適地とされ「高原花豆」とも言われます。

そのため小川村の中でも限られた地域でしか採れない貴重な豆になります!

小川村で採れた豆は粒が大きく、

煮込むとふっくら炊き上がり、

砂糖と塩でシンプルに煮込んで一晩寝かせればしっとり柔らかな味わいに変わります!

当店の味の特徴としては、塩味を効かせているので後味が甘ったるくなく、

ついつい手が出てしまうとご好評を頂いております!!

 

さらにスタッフおすすめの食べ方として、

お茶うけやコーヒーのお供に間違いないのはもちろんですが、

お酒とも相性抜群なんです

洋酒ですと、ウイスキーブランデーラム酒に浸してお好みで風味を変えてみるのもお勧めです

昨今の情勢で自宅でお酒を飲まれる方が多いかと思いますが、 

お酒のあてに普段と一味違った甘味はいかがですか

(上)清々しい青空の下で栽培されています

小さくてきれいな赤い花を咲かせます!

こんな感じのサヤに黒と紫色が混色したような色合いの豆が入っています!

 

小川村産花豆のご注文はこちらから>>>

いろいろな種類の縄文おやきはこちらから>>>

*********************

 

 

おやき村近くのほ場から・・・花豆の花って赤くて小さくて♪

[NAME]さん

こんにちは♪店長の権田ゴンちゃんです。

先日、高原花豆の作付けしたほ場へ、地元農家さんと回ってきました。

900メートルから1000メートルのほ場は、少しだけ心地いい風が…♪

太陽はギラッギラでしたが(^^♪

さて、花豆はというと、赤い花をたくさん咲かせています。

そして、最初に咲いた花はつぼみとなり、できたばかりのサヤがぶら下がっています。

大きさはどれくらいかな?鈴なりにぶら下がっていきます。

 

これからもっと花豆のほ場を増やしていきます。

今日は南牧村(南アルプス八ヶ岳の山麓)の農家さんを尋ねました。

写真は左から南牧村菊池さん、店長のゴンちゃん、社員の宮尾さんです♪

ここはJR鉄道の最高地点なんですよ。

以上 花豆のほ場でした(^^♪

 

    おやき, おやき村   , ,    店長権田

花豆の観察

こんにちは、小川の庄ネット班の坂井です。

今日は爽やかな秋晴れの中、村内で育てている花豆の様子を見に行ってきました。

小川村

北アルプスは雲の中。残念。

稲狩り

小川村ではほとんど稲狩りは終わっていますが、標高の高い所ではまだ黄金の稲がありました。

花豆畑

花豆畑

花豆

花豆

まだ青々としていましたが、大きい物は指の2倍くらいまで成長していました。

これから寒さに耐えながら育ち、冬の間にじっくりと丁寧に乾燥させます。

心待ちにしてくださっている方もたくさんいる国産花豆のやわらか煮ですが、今年は大変ご好評いただきましてあっという間に完売してしまいました。

来年も皆様に美味しい花豆をお届けできますよう順調に育ってほしいです(^^)

花豆とトンボ

 

 

 

    ブログ   ,    小川の庄 ネット班

国産花豆 信州長野おやきの元祖「縄文おやき」のお取り寄せ、小川村にあるおやき村のご紹介をしています

Copyright©おやき通販 <公式>小川の庄【縄文おやき村】,2018 All Rights Reserved.

【おやき通販<公式>小川の庄 【縄文おやき村】】www.ogawanosho.jp
株式会社小川の庄 権田公隆
〒381-3300 長野県上水内郡小川村高府2876 0120-231039
Copyright (c) おやき通販<公式>小川の庄 【縄文おやき村】 all rights reserved.

▲PageTop